HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  自宅訪問サービスについて(1)

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

自宅訪問サービスについて(1)

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

070203-1.JPG 

 

ホームヘルプサービスと訳され、障害を持っている人や、高齢者で、家事を行ったりシャワーを自分で浴びたりするのが困難である 人に対して行政が行う支援である。スウェーデンでは、Social Services Act (SOL)、Medical Services Act (HSL)、さらに、Act concerning Support and Service for Certain Persons with Functional Impairments (LSS)、これらの法律によって、自宅訪問サービスを受ける権利が保証されている。


自宅訪問サービスを受けるには、住んでいる地域の政府にアプリケーションを申請し、審査が通って認められた後、政府の運営する自宅訪問サービスを提供する会社あるいは、民間の会社のどちらかを選ぶことができる。どの会社を選んでも、サービスの値段は変らないらしい。ただし、また、政府の運営する自宅訪問サービスは仕事を民間会社に委託することもできる。サービスを受ける人は、そのサービスに対して政府にお金を払わなければならない。しかし、政府は自宅訪問サービスを受けることを認められたCustomerに対して補助を出す。ただし、その補助金は、直接本人には行かず、サービスを提供する会社に対して支払われる。結果として、Customerがサービスとして政府に対して支払う額は、かなりディスカウントされる仕組みになっている。Customerの収入によって支払い額は異なるが、最高額で、月に660クローナ、約9900円となっている。(1クローナ ¥15 )

 

 test1.JPG

ページTOPへ